トップページ > 薬用系入浴剤

薬用系入浴剤

入浴剤と一口に言っても、さまざまな種類があります。その中でも薬用系入浴剤は、もっとも身体に良いタイプの入浴剤と言えるのではないでしょうか。

薬草や漢方薬を湯船に用いることは、古くは江戸時代から「薬湯」と呼ばれて、皮膚病などの治療にも使われてきました。現代では、さらに進んだ医学に基づいて、さまざまなタイプの薬用入浴剤が販売されています。

温浴効果を高めて、血液の循環をよくし、神経痛、リュウマチ、冷え性、肩こり、腰痛、筋肉痛などを治療したり、高い発汗作用によりデトックス効果を促し、体内の汚れや老廃物を排出したりします。他にも保湿効果がありますし、肌荒れ、湿疹などにも最適です。純粋に、身体が健康的になるだけではなく、ダイエットや美容にも効果があります。

温泉を再現する入浴剤もいいですが、現代医学に基づいて、身体のために調合された入浴剤というのも、悪くないと思います。薬用入浴剤と言っても、普通の入浴剤と比べて値段が高いわけではありません。

もちろん、なかには高級なものもありますが、安い物なら100円から200円もあれば買えると思います。とりあえず、一度だけでも使ってみますと、その差は歴然にわかると思いますので、試してみてください。

ただ、入浴剤ありと入浴剤なしでは、ハッキリと差がわかりますが、どの入浴剤が一番良いのか、というのはなかなか難しいと思うので、週ごととか月ごとで使う入浴剤を変えながら試していくと良いでしょう。

慣れてきますと、気分次第のいまの自分に最適な入浴剤が、自分でわかってくるようなると思います。