トップページ > 温泉系入浴剤

温泉系入浴剤

入浴剤と一口に言っても、さまざまな種類があります。その中でも、もっともポピュラーなタイプが、温泉系入浴剤ではないでしょうか。

温泉系入浴剤は、温泉の効能や雰囲気を再現した入浴剤で、自宅のお風呂にいながら、温泉気分を味わうことが出来ます。

一度浸かってみればわかりますが、本物の温泉とまったく同じとまではいかないまでも、素湯と比べれば雲泥の差の心地よさがあると思います。

バリエーションも豊富に用意されていまして、北海道の登別温泉、関東の草津温泉、箱根温泉、四国の道後温泉、九州の湯布院温泉などなど、全国津々浦々の有名温泉地の温泉を再現した入浴剤が販売されています。

安めのものなら一回分、だいたい100円〜200円も出せば買えますので、是非、一度は試してみて損はありません。

前述した温泉系入浴剤は、一般的に販売されている無機塩類化合物に由来する、科学的・人工的に再現した入浴剤ですが、実際に温泉の湯の花を集めて入浴剤として販売されているものもあります。

湯の花とは、温泉の成分が折出、沈殿したものであり、温泉の成分の塊みたいなものです。それを普通のお風呂に混ぜることで成分が溶け出して、温泉を再現することが出来ます。化学合成品に比べて、より本物に近いお風呂を楽しむことができるわけですね。

基本的に、温泉地のお土産として温泉街などで販売されていますが、ネット上で買うこともできなくはないようです。ただし、温泉の成分によっては、風呂釜を傷めたりする可能性がありますので、注意書きをよく読んで利用するようにしてください。